副業「アフィリエイト」で挫折、失敗しないための解決方法

アフィリエイトを副業に始めて簡単にうまくはいきません。特にはてなhatenaやグーグルアドセンス、wordpressなどは知らないと難しい。このブログはちょっとした解決方法、経験、失敗談から最新情報を提供。あなたのサイト作りに役立ってください。

驚き!グーグルアドセンスで警告?広告配信停止した時の対処方法

f:id:brainexpert122:20170507134626j:plain

グーグルアドセンスをやっていると一度は遭遇するポリシー違反に伴う警告メール

しかも広告も配信停止されてしまいびっくり驚きです。

アドセンスポリシーはかなり厳しく、しっかりとしたサイト運営をしていないとかなり厳しい処罰を受けることになってしまいます。

実際にグーグルアドセンスで警告をくらい、広告配信が停止された場合の対処法について今回は解説します。

超驚き!グーグルアドセンスから違反警告のメール!

ある日仕事のお昼休みにゆっくりコーヒーを飲んでていたときのこと。

コーヒーを飲みながらメールをチェックしていると、突然グーグル先生からメールが送られてきたんです。

メールを開いてみたら思わずびっくり。

コーヒーを吐き出してしまうほどちょっと驚いてしまいました。(笑)

 

f:id:brainexpert122:20170507131007j:plain

 

いきなり違反で広告配信が停止と通知

慌てて違反サイトを調べてみたところ、初めてアドセンスを配置したサイトのようにアドセンスがある位置は真っ白。

これには相当焦りました。

だから本当に大変と考え、仕事をしながら隠れて対処をはじめてみました。

グーグルアドセンスの広告配信が停止する原因

アドセンスの広告に関しては、AdSenseプログラムポリシーに準拠する必要があります。

このポリシーに準拠していないと判断された場合には、グーグル先生からきついお仕置きが待っています。

まずは警告メール

そして、警告メールを受けてもなお改善しない場合、もしくは以前に警告をくらっていてそのままにしていた場合にはいきなり広告配信停止になります。

さらに悪質な違反を繰り返すようだとアカウト停止にされてしまいます。

 

実際アカウント停止になったことはないのですが、最悪アドセンスを取り直しになってしまう可能性もあるようです。

アカウント停止につながる違反とは?

support.google.com

 

だからAdSenseプログラムポリシーにはしっかり準拠する必要があります。

詳しいプログラムポリシーはこちら

support.google.com

今回私が違反を通告されたのは、wordpressで運営していたアンテナサイト。

RSSを抜き出してアンテナつまりキュレーションサイトを運営していたのですが、そこにアダルトコンテツが一部混じってしまい違反警告となってしまいました。

さらにアンテナサイトは他の人の記事にお世話になっているため違法なコピーコンテンツであると指摘され、全く無意味なサイトとして認識されてしまいました。

主な警告を受ける違反

無効なクリックやインプレッション

要は自分でアドセンスを押したり、他人に頼んで押させること

クリック誘導

あからさまにクリックを誘導するような行為

コンテンツガイドライン違反

アダルト、暴力などのコンテンツは不適切

著作権があるコンテンツを無断掲載

人の文章のコピーペースト                

 

などが挙げられます。

そのためサイト運営しながらアドセンスを利用する場合には細心の注意が必要です。

グーグルアドセンスの広告配信が停止された場合の対処法

広告配信が停止された場合には、指摘があった記事の削除もしくはその記事だけ広告が配信されないように広告を外す必要があります。

あと広告の位置も重要であり、位置を変更する必要がある場合もあります。

 

私の場合はアンテナサイトであったため記事数が莫大にあり、全てを削除することはできず、サイトのアドセンスの掲載を諦め、他のクリック広告を今は配置しています。

 

あなたのコンテンツで違反と思われる量が多く存在する時には、グーグルアドセンスの広告配信をあきらめるしかないでしょう。

しばらくアドセンスサイトにログインすると下ような赤帯が表示されてしまいます。

 

f:id:brainexpert122:20170507134145p:plain

しかしちゃんと通告があった場合には指示に従えば一定期間過ぎれば表示は無くなります。

 

グーグルアドセンスはブログやサイトをやっていく上では必要です。収益の一部ですが、クリック保証のアドセンスの中ではピカイチです。

だから長い目で見るとしっかりとアドセンスのポリシーに準拠したサイト作りをした方が、将来の自分にとってはいいことなのかもしれません。