副業「アフィリエイト」で挫折、失敗しないための解決方法

アフィリエイトを副業に始めて簡単にうまくはいきません。特にはてなhatenaやグーグルアドセンス、wordpressなどは知らないと難しい。このブログはちょっとした解決方法、経験、失敗談から最新情報を提供。あなたのサイト作りに役立ってください。

アフィリエイトで文章を書くのが辛い!と思った時の解決方法

f:id:brainexpert122:20170530173050j:plain

アフィリエイトを始めてからどうしても悩むのが文章

私はもともと文章を書くのが本当に下手で、600字の文章をライティングするだけで何時間もかかっていました。

最近はだいたい600字程度であれば、20分くらいでかけるようになってはきましたがまだまだ修行中です。

サイトアフィリを始めてたての頃は一体どうやって書いたら正解なのか悩みました。

多分あなたも今悩んでいるのでは?

だから今回は文章を書くのが難しい、辛いと思った時の解決方法について考えてみました。

文章を書くのが下手、難しいとなぜ思うのか?

f:id:brainexpert122:20170530173616j:plain

アフィリエイトを始めた時は、これで俺は成功してやるんだと思って意気込んで文章をかき始めます。サイトアフィリだったら商品の事、トレンドなら芸能人、旬な出来事などを題材に文章を書いたのでは。

でも実際パソコンに向かって文章を打っていて、「あれ、一体何書けばいいんだっけ?」とふと考えてしまうことがあります。

そして手が止まってしまい本当に書くことに悩んでしまって、「辛い」、「難しい」、「下手」だなあと感じてしまった経験ないですか?

そして時間ばかりが過ぎてしまう。(ノ_・。)

ではなぜほとんどの人が文章を書いていてこのような感情が芽生えてしまうのか?

それは・・・・

実は、文章を書くのに悩む人は、書く前の準備ができていない事がほとんどなんです。

 

準備とは何かと言うと実は、自分が題材にして書く内容の調査のこと。これさえしっかりできていれば実は本当に文章は簡単に書けてしまいます。

つまり文章を書く時には、全体の8割くらいの時間を自分が書きたい内容についての調査、そして準備に当てることが重要。

そうすれば本当にあと2割の時間で書くことは可能なんです。

私もそれに気がついてからは、サイト構築の時には入念に調査、準備をするようにしています。

これだけで本当に文章を書くスピードは劇的に早くなります。

文章を書くのが辛いと思った時の解決方法

f:id:brainexpert122:20170530173543j:plain

しっかりと準備をして、文章を書けば意外と時間は早くかけるようになります。

ただしっかりと準備をして、文章を書いても実際の収益に繋がるかどうかはわかりません。

 

文章を書いても書いても「ブログのPVが伸びない」、「実際の報酬にならない」となるとだんだんと文章を書くのが辛くなってきます。

 

私自身も最初は本当に辛かった。

書いても書いても反応なし。PVも上がらずまったく相手にされない。あらゆる手段を使っても収益に繋がらない。

さすがにこの時は本当に鬱っぽくなってしまい、文章を書くのが嫌になってしまいアフィリエイトもやめてしまいと思ったものです。

 

でもそこで諦めずに色々な事をトライ、そして何度も失敗しましたが、今はなんとか順調に収益が上がるようになりました。このサイトは趣味のようなブログで自分が覚えておきたい事、伝えたい事などを書きながら適当に更新して楽しんでいます。

 

もし今、文章を書くのがめんどくさい、辛い、難しいと思っているのであればあまり悩まないでください。

本当に簡単な解決方法が3つほどあります。

 

文章を書くのが辛いと思った時の解決方法

・アフィリエイトで文章を書く事を中断する

・文章は外注してしまう

・しっかり文章を書く訓練を受けてみる

アフィリエイト自体をやめてしまう

アフィリエイト、その中でもサイトアフィリなどは文章を書かないと始まらない。辛いと思ってしまってどうしても文章が書けない時には一旦中断することも一つの方法です。

そして文章を書くのではなく、例えばyoutube、twitter、instagramなどに挑戦してみて息抜きしてみてください。

新しい知識を学んでいく過程でまた文章を書く方法を学ぶ事ができるかもしれません。

ちょっと方法は違いますが、アイフィリエイトで収益を上げるための本質は一緒です。

どうしても辛い時には文章をかく手を止めてみる事が解決の一つの方法です。

文章を外注化する

最初の頃はどうしても文章は自分で書かないと気が済まないと思いがちですが、実は外注して人に書いてもらうという方法もあります。

例えばランサーズ、シュフティーといったものがあり、さらに今はもっと様々な文章を外注する会社があります。

www.lancers.jp

www.shufti.jp

どうしても自分で書くのが辛いと思う方は外注も一つの方法です。

ただし外注の場合にはそれなりに料金がかかります。

1記事(600字)で安くて200円から高い場合には2000円近くもかかっていまします。

アフィリエイトを始めたばかりはなかなかお金を払う事を躊躇しています。

ただこれができだせばサイトを増やすスピードも上がり、収益も一気に増えます。

だからどうしても文章が書くのが辛いと思うのであれば外注を考えてみましょう。

しっかり文章を書く事を学んでみる

あとは文章を書く事を学ぶ事です。

私もつまづいた時に多くのことを考えましたが、やはり自分で書いた文章で伝えたいという思いからたくんさの書籍、そしてセミナー、さらには教室で学びました。

そして、色々やって続けたことで少しずつ書き方がわかってきたような気がします。

文章の書き方がわかってくるとちょっとずつですが収益も増え始め、今ではアフィリエイター5%以内の収益を稼げるようになりました。

文章を書くのをやめて他のものに挑戦する、外注に任せることも大事ですが、やはり文章を書く事を学ぶ事が一番の収益に繋がります。

いい教材でしっかりと文章を書くことを学んでください。

私のオススメはこちら

原久鷹WEBライティングゼミナール

 

今回はアフィリエイトで文章を書くのが辛いと思った時の解決方法について考えてみました。

みんな一度は当たる壁ですが、ここを越えられたら確実に収益が増え始めるところではないでしょうか?